スタービーチ(スタビ)の閉鎖と代わりになる完全無料出会い系サービスについて

starbeach

http://star-beach.com/

スター・ビーチ(すたーびーち、STAR-BEACH)は、株式会社スター・ビーチ、および同社が運営する携帯電話・PHS向けのメル友募集サイトである。略して「スタビ」とも。
携帯電話、またはPHSからスタービーチのサイトにアクセスすれば誰でも投稿や、投稿へメールを送信することができる。NGワードが設定されているため、投稿文に使う単語によって投稿が反映されない場合や、運営者によって削除されることがある。
1日1,200万アクセス、月間4.5億アクセスがある。
サイトにはメル友募集のコーナーの他に「ゲームな掲示板」、「級友検索同窓会」、「着メロ交換♪」、「待受・ムービー交換」、「ジャニーズ掲示板」のコーナーがある。

1999年12月 Friends!サービス開始
2009年2月1日 インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律改正施行により、Friends!サービス終了

スタービーチの概要は上記の通りですが、スタービーチは2009年に惜しまれつつサービスを終了しています。

そして現在まで復活はしていません。

今回は、スタービーチが出会い系サイトとして優れていた点や、問題だった点、また現在はスタービーチに代わるサイトやアプリがあるのか調べて見ましたので紹介していきたいと思います。

スタービーチはなんで閉鎖したのか?

僕も当時スタービーチをよく使ってたけど、スタービーチは無料なのにもかかわらずホントによく出会えました。
当時は地方に住んでて大して娯楽もないし、やることといえばセックスするぐらいしかないので重宝してました。

スタービーチは2009年にサービスを終了していて今はありません。

しかし、スタービーチはガラケーインターネット時代を象徴した出会い系サービスと言って間違いないでしょう。

ちょうど、iモードとかの携帯インターネットが普及仕出した時期の重なって、当時爆発的に使われていました。
今みたいに、SNSとかもなかったしね。

正直、毎日違う子と会ってやってましたからね。
援交希望してた子とあってみたら、妹の友達でびびったけど、とりあえずヤって、そんで後からばれないかとビクビクしていたのも今ではいい思い出です。

ちなみに数年後、妹の結婚式でその子と鉢合わせて超気まずかったけど、まあそれも若気の至りというやつです。

そんな感じで栄華を誇った出会い系サイトの雄、スタービーチも次第に廃れていきます。
だんだんと援助交際とか未成年者の被害が増えてきて社会的にも問題視されるようになりました。

トドメを指したのは、2009年2月1日施行の「出会い系サイト規制法の改正」です。
この法律は未成年者の出会い系サイト利用を防ぐための法律ですが、スタービーチはこの法律に適応出来ないと判断して自主的に閉鎖しました。

スタービーチの閉鎖日が2009年1月31日(法律施行の前日)だったことからもそのことが伺えます。

後半の方は、ホントにネカマとか、ネットワークビジネスの勧誘とか、絵画を売りつけるやつとかが湧いて来て問題も多かった記憶があります。
だから本当に良かった時期ははじめの方の数年くらいでだったのかもしれないですね。

変に規制がなくて自由で面白さもあった分、悪質な利用者への対応や法規制に対する耐性がなかったということだと思います。。

スタービーチを利用していた人がどこへ行った?

さて、スタービーチを使っていたユーザーはどこへ行ったのでしょうか?

スタービーチが閉鎖されたのは2009年のことです。
当時は、スマホよりもガラケーを使っている人が多く、SNSではgreeやモバゲーやmixiなどを使っている人も多かったと思います。

これはスタービーチが閉鎖される前からですが、この頃スタービーチ利用者は徐々にこうしたSNSへと移っていました。

これらのサービスは「非出会い系サイト」と呼ばれ、出会い系サイトとは区別されていて、有名なのだと、モバゲー、GREE、mixiといったSNSや、楽天の「前略プロフィール」といった自己紹介サイトなどがそれらに当たります。

2010年には、これらの「非出会い系サイト」での被害や犯罪が、「出会い系サイト」を上回るという報告が警察庁から発表されました。
この事からもインターネットの出会いの場はSNS系のサービスに移っていったことがわかります。

中には、SNSで使えるゲームのコインをあげるからといって裸の画像を送らせるという犯罪もあって社会問題にもなりました。

そして、この手のSNSも次第に衰退していきます。
理由は、出会い目的の書き込みを監視・削除する運営側の対応と、そもそも利用者がガラケーからスマホへ移っていったことが上げられます。

利用者たちは、SNSからちゃんと年齢認証や本人確認をする適法な出会い系サイトへと移っていきます。

いろいろと言われていた出会い系サイトですが、出会い系サイト自体が悪なのでは無く、未成年者の性的被害が問題だったので、それさえ守れば出会い系サイトは運営することに問題はありません。

そのため、スマホの普及に伴って年齢確認をちゃんとする出会い系サイトやアプリが使われるようになっていきました。

スータビーチの代わりになるアプリ

では、スタービーチに代わるアプリはあるのでしょうか。

スマホのアプリでスタービーチを検索すると、「スタービーチプラス」なるアプリが出てきます。
しかし、これは本家スタービーチとは一切関係のないアプリです。

実は、スマホアプリではこのように、スタービーチがなくなったのをいい事に、スタービーチの類似商号を語るアプリが沢山あります。
しかし、本家スタービーチがリリースしているアプリは無く、これらはすべて別物のアプリですのでご注意ください。

特にその手のアプリは、悪質なサクラサイトに通じているものもありますので利用しないことをおすすめします。

当時のスタービーチの雰囲気の近いサービスとして、TwitterやLINE、KakaoTalkなどのSNSアプリがあります。
これらは、無料で利用できるアプリで日本でも多くのユーザーがいます。

もちろん出会い目的としたアプリではありませんので、出会いを誘う書き込みをすれば削除の対象となります。
しかし、それでも隠語をつかったり、テキストじゃなく画像を使ったりして多くの出会い目的の書き込みがされているのも事実です。

ある意味自由度においてはスタービーチ時代を彷彿とさせるものがあります。

一応、TwitterもiOSなどでは17歳未満の利用を制限しています。
ただ、アプリのコンパネから解除出来る程度のゆるいものだったり、今のところあまり強制力はなさそうです。

これがいいんだったら、結局2009年の法律改正は何だったんだという気もしますが。。。

また、Twitterではハッシュタグでツィートを検索できるので、#出会いとかでツィートしたり、それを検索すれば出会い目的の書き込みがわんさか出てきます。
しかし、この中には業者やらサクラやらネカマやらが入り混じっていて、よっぽど慣れてない人だとうまく出会うことは出来ないでしょう。

これらのSNSアプリも今後規制を強めて行くことを発表していてやっぱり、いずれ出会い目的の利用は厳しくなっていくようです。
そうなると結局はちゃんと法律に則って年齢確認をしている出会い系のサービスを利用することになるのだと思います。

出会い系サイトは、SNSと違って出会い目的で登録されているのでやっぱりマッチング率は高いし、ちゃんと法律に則って運営している業者ならば変なトラブルに巻き込まれる心配もありません。

業者側も管理の手間が掛かる分、完全無料とまではいきませんが、1000円かそこらで利用できるのであればスタービーチに代わる出会い系サービスとして、悪く無い選択肢なのだと思います。

僕がオススメする「ちゃんと出会えるサイト」

世の中出会えないサイトも多いですが、本当に出会えるサイトはちゃんとありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

メルパラ(meru-para.com)

老舗の出会い系サイトは、ハピメ、ワクワクなどいくつかありますが、僕は結局ここをよく使っています。
運営がしっかりしている印象で、女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
とりあえず会うなら「今すぐ遊ぼ 掲示板」とかがおすすめです。
メルパラの公式サイトへ

デジカフェ(digicafe.jp)

僕もここはよく使ってます。
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
デジカフェの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)

僕の定番で、ずっと使っているサイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。