Twitterで援交女とアポをとってみた件

Twitter援交

こんばんは!ユージです。

今回はTwitterの援交についてレビューをしたいと思います。

「ユージもついに援交に手を出したか。。。」っていう声も聞こえてきそうですが、まあ、その辺あくまでもニュートラルなんでw、あしからずですww

実際のところ普段は出会い系アプリがほとんどなので、Twitter援交はあまりやらないのですが、こちらを主戦場にしている知り合いも多いので今回は確認も含めてレビューします。

そんで、「Twitter援交ってたまに聞くけど、実際のところどうなんだろう?」っていう方にもわかりやすいように解説するつもりです。

結論からいうと、Twitterの出会いは援交がほとんどなのでその文脈で利用するしかないのが実情です。

さらに、やってみて思ったのは、想像以上の詐欺的な手口が横行している印象です。

Twitterは出会い系と違って事前に年齢認証や本人確認がないのでトラブルも少なくありません。

Twitterで出会ってみたいという人はその辺も加味しておいてください。

つーわけで、レビュースタートです!

Twitterの援交ではお相手をどうやって探すのか?

Twitterで出会いの募集相手を探すのは結構簡単です。

Twitterの検索ボックスで「渋谷 会える」とかで検索して、「最新」タブから探します。

男の募集とか、無関係なツイートも混じりますが、それっぽいのがいくつか見つかるはずです。

Twitter援交検索

できるだけ投稿が新しめのやつを選んだほうがいいです。

ちなみに、検索ワードは「サポ」とか「えん」とか「割り切り」とかでも探せます。

いずれにしても「最新」タブから選んでください。
デフォルトで開いている「話題」タブだと古いやつも交じるし探しづらいです。

良さそうなのが見つかったら、ツイートを開いて内容を確認。

このとき「プロフ欄」「固定ツィート」もチェックしておきます。

ここで「場所限定」とか、「条件」とかを書いている場合があるので事前に確認しましょう。

連絡を取るときはDMで

良さそうなら「フォローする」をして、DM(ダイレクトメッセージ)を送ります。

フォローはしなくても大丈夫な場合もありますが、フォーローしてフォローバックきてからはじめてDMという流れもありますので、その辺は臨機応変に。

間違ってもリプライ(返信)で連絡取ろうとしないようにw

今回は、「○○り」という子を選んでみました。

Twitter援交ツイート

投稿も新しかったし、場所も近いようだったので。

アイコン写真によると見た目は、ちょい茶髪のボブで、色白きれい目ギャルって感じ。

好みのタイプですが、なにぶんこの手の写真はSNOWで編集とかはつきものなのであくまで参考程度ってことで。

ツイート文面からすると援交希望のようです。

ちなみに、援交の隠語は、

大人(大人あり)
えん、円(円光)
サポ(サポート)
割り切り

などがあります。

まあ、果たして隠語を使う意味がどこまであるのかは定かではないですが、直で「援交」とかいう人はあまりいないです。

メッセージのやり取りと条件交渉

とりあえず、はじめのやり取りはこんな感じです。

Twitter援交 DM

軽い挨拶を済ませたら、単刀直入に

援交であること、
場所、
条件、

などについて確認します。

必要に応じて相手の年齢なども確認しておきましょう。

ちなみにホ別というのは、「ホテル代とは別に」の略。

ホ別2なら「ホテル代とは別に手当として2万円もらうよ。」つーことです。

それと、ゴムありなしで条件が違ったりします。

相場的には、

ゴムありホ別:1.5万
ゴムなし(外だし)ホ別:2.0万

くらいですかね。

Twitter援交に暗躍する詐欺の手口

さて、僕が適当に選んだこの子ですが、やり取りがどんな感じで進んだかといいますと・・。

待ち合わせ場所を決めたあたりから雲行きが怪しくなってきました。

なんか「先払い」とか言い出しましたw

Twitter援交 先払い

しかも、支払い方法がPayPayかビットキャッシュとかw

ご丁寧に過去のやり取りでビットキャッシュIDを送らせる手順もレクチャーされますw

Twitter援交 ビットキャッシュ

だ・れ・が・は・ら・う・か!

誰が払うかーっ!ww

どうも半額を先にもらわないと待ち合わせは出来ないとのこと。

しかも、こんだけ怪しげな要求をしておきながら、サラッと別の話題に切り替えようとするいやらしいさw

Twitter援交 話をそらす

「ちなみにタバコって吸われますか?」

って

イヤイヤイヤ、なにそしらじらしい話題の変え方ww

全然、話そらせられてないから!ww

その後もなんとか食い下がって、「待ち合わせの場で決済してからホテルへいくのはどう?」とか提案をしてみたものの、ケンモホロロに断られてしまいました。

結論!Twitterでの出会いにはリスクがつきもの

警視庁の発表でもTwitterでの出会いのトラブルは年々増加の傾向にあります。

警視庁発表資料twitter

 

Twitterは海外運営のSNSということもあって規制がかけづらくこの手の被害も野放し状態です。

上述での僕のやり取りを見てもらえればおわかりいただけると思うのですが、明らかに先払いと称してお金を取り逃げしようという魂胆がミエミエです。

それでもTwitterでの被害が減っていないところを見ると、やっぱり引っかかってしまう人も少なくないのかもしれません。

援交であったとしても、それなりにマナーとかセオリーはあるもので、やっぱり代金は後払いが基本で、せめてホテルへ入ってから渡すとかがせいぜいです。

それが会ってもいないのに、電子マネーで代金だけ先に払うなんていうのはありえない条件なので、間違っても代金先払いとか言われても払わないようにw

もちろんTwitterにもちゃんとした相手はいるでしょうけど、Twitterで援交相手や出会いを探すには、こうした詐欺業者やらサクラやらの魔の手をかいくぐらなくてはならないことを肝に命じておきましょう。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

ハッピーメール(happymail.co.jp)
ワクワクメール

老舗の出会い系サイトはいくつかありますが、ここが一番会えます。
運営がしっかりしてて女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
プロフ検索・閲覧が無料で検索し放題なのもいいです。
ハッピーメールの公式サイトへ

メルパラ(meru-para.com)
メルパラ

ここはよく使ってます。レビューはこちら
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)
Jメール

昔から使っている僕の定番サイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。