出会い系のSM女王様はどんなプレイをしてくれるのか?

SM女王様

こんばんは!ユージです

本物の女王様とプレイをしたことありますか?

僕はあります。

今日はそんなお話です。

当時SMに興味があってお相手を探していました。

それも風俗とかによくある「SMごっこ」とかじゃなくて本当のSMプレイがどんな感じが体験してみたかったのです。

以前、六本木のSMクラブを紹介してもらったNさんに相談してみたところ、

「その手の相手ならお店とかで探すより、出会い系とかの方が見つけやすいよ」

とのこと。

「お店とかなら手軽にSMプレイも出来るけど、そこにはどうしても”店員と客“という関係があるからね。本当に心を揺さぶるようなプレイには発展しづらいんだよね。」

たしかに・・・

「お店だとどうしてもビジネスSMになりがちだけど、出会い系なら趣味や嗜好としてのSMの人と出会える可能性もあるしね。」

うーん。港区一のドMを自称するNさんに言われると説得力があります。

「でも、相手を探すのは簡単なことじゃないよ?お互いの相性とかもあるからね。」

なるほど。

というわけで、当時良く使っていた出会い系サイトでSMプレイのパートナー探しが始まりました。

はじめはとにかく手当たり次第に「SMとか興味ない?」ってな感じでメッセージを送りまくってみました。

でも返事はほぼなしです。

一部、来た返事もほとんど業者の定型文くさい返信のみです。

妥協して年齢の幅も上げてみました。

が、ほとんどが業者か、「お金をくれるなら付き合ってもいいよ」的なものでした。

それだと意味がないのです。

風俗でSMごっこをするのと変わらないし。

そこで作戦を変更することにしました。

それまでは、Mの相手を見つけて攻めたいっていう考えでした。

でも、逆ならどうだろう。

自分がMでSの女性を探すなら、あるいは。。。

僕は本来、自分がSかとかMかとかあまり意識したことはありませんでした。

ただ、どちらかっていうと、
Mっぽい子に、

「お願いします、、、もう我慢できません。。。」

とか言わせて、

「なにが欲しいのか言ってごらん?」

的なプレイの方が、エロさを感じるし性にあってるような気がしてました。

これが逆の立場になることはあまり想定してなかった。。。

果たして、自分がM、相手がSでも楽しめるのだろうか?

なんか上から目線で攻められたらムカついちゃわないかな?

などという不安も頭をよぎります。

それでもモノは試しと、某出会い系サイトのSM掲示板に書き込みを出してみました。

SM初心者です。

今までのお付き合いではノーマルなプレイしかしていませんが、SMプレイができるお相手を探しております。

当方Mですが、Sでお相手いただける女性の方いましたらご連絡ください。

案の定、返信はほとんどが業者とひやかしでした。

でも中に一つだけ良さそうなメッセージを確認しました。

書き込み拝見いたしました。
私はSなのですが、私でよければお相手させていただきます。

という感じでした。

メッセージの送り主はリナ(26)でした。

とりあえず、エッチしたい一心で、

以前、お付き合いしていた彼女にはMっぽいと言われていました。
痛いのとかは無理ですがそれ以外なら基本OKです。

と、まるではじめて援交する女子みたいな返事を返して、その彼女とアポを取り付けました。

待ち合わせ場所には早めについてたのですが、すでに彼女は到着していました。

「リナさんですか?」

黒のロングコートを羽織って、CAさんが持ってるような車輪付きのスーツケースを持っていました。

コートの中のタイトな白いニットからスリムだけどメリハリのあるボディラインが伺えます。

そして何より驚いたのは、めちゃめちゃ美人だったこと。

今回はSMパートナーってことでハードルが上がってる分、見た目については不問で、確認せずに待ち合わせでした。

しかしやしかし!

待ち合わせに現れたお相手は、一見、松岡 茉優っぽいおっとりした美人顔なんですが、眼力があるキツめの美人。

その上に気品のようなものも携えています。

ちょっとビビりました!

こんな可愛い子とシタことないです。

「はじめまして。」

ニッコリと微笑む表情は、キツ目の見た目とは打って変わって優しさをたたえています。

相手は年下のはずなのに、なぜか中学時代憧れだった先輩のことを思い出していました。

待ちあわせ場所の新宿東口ライオン前から歩いて、歌舞伎町のホテル街まで向かいます。

悪名高いスカウト通りを歩くと、スカウトの面々が物欲しそうな表情で隣をの彼女に視線を送ってきます。

なんとも言えない優越感を感じます。

部屋に入ると軽く挨拶をしてプレイを開始です。

高い鼻先がくっつきそうなくらい顔を近づけてきていいました。

なんて整ったきれいな顔なんだろう。。。

「ユージくんは初心者だってことだから、今日は私がリードするけどそれでいいかな?」

「は、はい、よろしくお願いします。」

「Mなんだって?」

「は、、、はひ、、、」

「それじゃ、今日はよろしくね。
ちゃんと挨拶できるかな?
リナさん、よろしくお願いします。って」

もうプレイは始まっています。
僕は言われるがままに挨拶をします。

「リナさん、今日はよろしくお願いします。。。」

「ダメだよ。ちゃんと座って、
もっと頭を下げてね」

表情は笑ってるんだけど、目が真剣でまっすぐに僕を見てくる。

見透かされているようで少し怖くなってくる。

正座のまま、言われるがままに頭を下げます。

「よくできました。
ユージくんって好奇心旺盛そうで可愛いね。」

はぅっ!なにこの感じ。。
明らかに見下されてるのに不思議と嫌じゃない。

むしろ心地よささえある。。。

リナが後ろにたって僕にアイマスクをかぶせる。

背後でジィーっとスーツケースのジッパーを開ける音が聞こえます。

どうやら準備をしているようです。

2〜3分くらいの間だったと思いますが、その間、アイマスクで正座ですw

アイマスクが取られました。

女王様にふさわしいボンデージファッションに身を包んだリナがいました。
手には、ヒダヒダのついた例のムチを持っていました。

白くて細い手を僕の首にかけながら、おでことおでこがくっつきそうな距離で僕の顔を覗きこんできます。

笑顔なのに目だけは真剣なあの表情で。

「そういえば高校のとき君みたいな子いたなー」

「地味で目立つ方ではなかったよね。
話したことはなかったけど、いつも私のこと見てたよね。」

「あのとき私のこと見て何を考えてたの?」

「想像の中で私のこと裸にしてたんじゃないの?」

うぐぐぅ、なんで分かった。。。。
高校時代好きだった先輩のK子さんを重ねていた事を!
そしていつもズリネタにしていたことをw

胸を締め付けられるような甘い苦い記憶が蘇る。

恥ずかしさと興奮で顔が上気しているのがわかる。

「うれしいでしょ。私にいじめてもらえて?」

「・・・・・」

「嬉しくなかった?やめてもいいんだよ?」

「!!・・」

「なに?」

「辞めないで・・ください・・」

「いじめてほしいの?
じゃあちゃんとお願いしないと」

「はい、いじめてください・・・」

なにこの屈辱感と切なさと愛しさが混ざったような感情。

「ダメ!もっと気持ちを込めて!」

「はいっ!僕をいじめてくださいぃぃ!」

「うん!いまのよかったよ。可愛くて。」

目頭が熱くなってきてなんか涙がでそうになってきました。

そして、リナが僕の後ろに回って耳元でささやきます。

「・・・ホントはね。
私も君のこといつも見てたんだよ」

(はぅっ!!)

僕の首にかかった手がまとわりつくように胸を這わせて、お腹を伝って、股間へと滑り込んでいきます。

小さくて細い指が、僕のちんこにギュッと握ります。

「すごいね。こんなに固くなってるんだ」

確かにここまで一切刺激を加えていなかったにも関わらず、気がついたら、ちんちんがびんびんで我慢汁も溢れ出んばかりでした。

「今日、頑張れたら好きになってあげるね?」

リナは僕を四つん這いにさせると、ゴム手袋をはめるて、ワセリンを塗り、細くて繊細な指が僕のお尻の穴にゆっくりと沈み込んめていきます。

うわわわわわぁーーーー
やめやめやめてぇぇ・・・・・っっ

声にならない叫び声が響きます。

「すごく可愛いね。もっと奥まで頑張ってみようか?」

す゛ふ゛ふ゛ふ゛ふ゛ふ゛ふ゛

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ・・

「大丈夫だよ。力を抜いて。そうしたらもっと気持ちよくなれるからね。
頑張ってね。すごく可愛いよ。」

「あわわわわわわ!!!」

なんだろう?正直、痛いんですよw

マジで痛いのは確か。

痛いんですけど辞めたくはないんですww。

ケツとは別の所、どこか心の奥底でなにか快感が生み出されそうな感じなんです。

これはいったい何なんでしょう?

僕なりに解釈しました。

彼女が僕を攻めながら少しづつテンションが上がって、高揚していっている感じが伝わってくるんです。

僕をいじめながら興奮している彼女をみて興奮する。

それがSMの気持ちよさなんです。

僕なりにSMの興奮ってどこにあるのかちょっと分かった気がしました。

仰向けにさせた僕に、腕立てみたいな体制になったリナが覆いかぶさって、また耳元でささやきます。

「よく頑張ったね。少しだけ好きになったよ。」

と言ってくれました。

ズキューン!完全にハートが撃ち抜かれました。

そんで、最後は顔面騎乗の体制で手コキしてくれました。

普通に射精はしたんですけど、その前にピークが来てるので、不思議なことに賢者タイムのまま射精したみたいな不思議な感覚でした。

プレイが終わると、僕の太ももを優しくマッサージしながら

「ごめんなさいね。痛かったよね」

と優しい声をかけてくれました。

そのときにはすでに、

「女王様。もったいのうございます。
私なんぞのために。。。
うぅぅぅ」

みたいな心境になっていました。

そして僕のリナ女王様は、別れ際、

「また、いつでも連絡してね。」

と言い残して、JR新宿駅東口に消えてゆかれました。

僕もMの扉をガッツリ開かされて、SMの良さを知ってしまいました。

その後、プレイすることはなく音信は途絶えてしまいましたが、プレイを続けていたら心も体も彼女なしにはいられない下僕になっていたかもしれませんw

間違いなく、彼女は天性の女王様気質を持っている人でした。

きっと今でもどこかのSMクラブで超人気SM嬢とかになっているか、そうじゃなかったらどこかのサイトでMのパートナーを探しているのかもしれません。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

ハッピーメール(happymail.co.jp)
ワクワクメール

老舗の出会い系サイトはいくつかありますが、ここが一番会えます。
運営がしっかりしてて女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
プロフ検索・閲覧が無料で検索し放題なのもいいです。
ハッピーメールの公式サイトへ

メルパラ(meru-para.com)
メルパラ

ここはよく使ってます。レビューはこちら
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)
Jメール

昔から使っている僕の定番サイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。