池袋の出会いカフェを視察 トークルームで茶飯女とランデブーな話

キラリ池袋東

こんばんは!ユージです。

今回は池袋の出会いカフェ事情について解説します。

一応、出会いカフェ初心者の方にも参考になるようにに初歩的な部分も含めて説明したいと思います。

池袋にある主要出会いカフェは3店舗

まずは、出会いカフェの店舗から。
池袋の出会いカフェは、キラリ2店舗、モモカフェ1店舗があります。

キラリ池袋東口店

豊島区東池袋1-39-5 池袋第4ビル1F
11:00〜23:00(年中無休)

出会いカフェキラリ/池袋東口店

池袋駅の東口出てビックカメラ本店方面へ明治通り沿いに10分くらい行ったところ。

キラリ池袋西口店

豊島区西池袋1-21-1 YKDビル6F
6:00〜24:00(年中無休)

出会いカフェキラリ/池袋西口店

池袋駅北口を出てみずき通り(丸井の方に行く道)沿いをまっすぐ、右手のビックエコーとかあるビルの隣。

池袋界隈では一番入りやすいかも。

モモカフェ池袋店

豊島区東池袋1-13-10第一坂田ビル4F
10:00〜23:00

モモカフェ/池袋店

池袋駅東口を出て、サンシャイン60通りをハンズ方面へ行ってユニクロのある交差点を右にちょっと入ったところ。

カップルや家族連れも往来するサンシャイン60通りからほど近いこともあってちょっと入りづらい気もする。

***

以上3店舗ですが、池袋の出会いカフェはじめてという方なら、キラリ池袋東口がおすすめです。

場所がわかりやすいのと、駅から近いので女性も集まりやすいというのもあります。

また、モモカフェが池袋に1店舗なのに対して、キラリは東口と西口で2店舗あって、店舗間移動が自由なので、相手が見つからなかったら西口店への移動という手も使えます。

キラリは料金体系も1プランでわかりやすいですし、初心者にとっては敷居が低いかと思います。

出会いカフェの遊び方は?

キラリ男性待合室

どちらも同じマジックミラータイプです。

マジックミラー越しに女の子がいて、こちらからは見えるけど向こうからは見えないようになっています。

男性部屋には、それぞれの女性のプロフィールカードが掲示されていて、気になる子がいればトークルームへ呼んで個室で二人っきりで話ができます。

トークルームでの会話についてはお店側は関知しないので、その後どうするかは交渉次第です。

実際のところ女性はお金目的で来てます。

なので、お金を渡さないと始まりません。

相場としては、デート1時間で5,000円、割り切りなら2〜3時間で1.5〜2万くらいです。

まあ、ぶっちゃけ風俗と大差ないのですが、女性からしたら嫌な客は断れるし、男からしたら交渉次第で遊び方が選べて自由度があるし、といったところでお互いの利害が一致するシステムというわけです。

パパ活とかも同じような構図ですかね。

キラリ池袋東口店体験談

キラリ池袋東口
んで、今回僕が行ったのは、出会いカフェキラリ池袋東口店です。

ここへ行くのはだいぶ久しぶりです。

その当時は、出会いカフェも盛況で、いつも混んでるイメージありましたが、コロナ以降の状況はどうなったでしょうか。

平日15時くらいだったので期待はしてなかったですが、女性は4人いました。

まあまあの人入りです。

マジックミラー越しに待機する女性陣は、

・茶髪浅黒ハーフ(21/夜職)
・ロリ服でもBBA(27/保育士)
・ミニスカ全身黒コーデ(22/ フリーター)
・ボディコン厚化粧(24/メークアップアーティスト)

というラインナップ。

年齢・職業は、プロフィールカードの通りですが、年齢はあんまり参考にはなりません。

つーか年齢はみんなサバ読み当たり前なのは風俗も一緒ですかね。

一方、男側も自分除いて5〜6人います。
年齢は20代〜70代?と幅広い布陣。

それぞれスマホ見たり、雑誌読んだりとリラックスムードなのでここにいる人は一巡したってところかな。

とりあえず、「ロリ服でもBBA」と「ボディコン厚化粧」は無いな。

「茶髪浅黒ハーフ」か、「ミニスカ全身黒コーデ」かだが。

茶髪浅黒ハーフは美形っぽいしスタイルも良さそうではあるが、完全に水商売っぽいんだよな。

ここまで残ってるってことはそれなりに条件高そう。

ミニスカ全身黒コーデは、マスクしてて顔ははっきりはわからないけど、目元を見る限り若そうだし、カワイっぽい。

つーわけで、ミニスカ全身黒コーデちゃんをトークルームに読んでもらうことに。

トークルームで一対一の交渉

「はじめまして、可愛いね!
いま来たところなんだけど、一緒に出られる人探してて、今日はどんな感じ?」

「夜から予定があるんでそれまでの時間つぶしできました。」

「予定何時から?」

「17時には出なきゃいけないんです。」

(あと1時間くらいか・・・ホテルに連れ出すのは無理そうか)

「割り切りなんだけどどう?」

「今日は時間無いんで難しいです。」

「そう。お茶はどう?」

「お茶くらいなら出れます。」

「連れ出しいくら?」

「1時間で5000です。」

(まあ、相場だけど1時間で5000かぁ。)

「出来たらでいいんだけどマスクちょっと取ってもらえる?」

「はい、・・・・」

(まあまあ可愛いか。今いるなかじゃ一番若そうだな。)

「ありがとう。
ちょっと考えてみるよ。」

「・・・・」

見た目は悪くないし、ばばあでも無い。
ただ、愛想が無いな。

対応も事務的だし、とにかく一切笑わない。

予定があるっていうのも割り切りしないための口実っぽいしなぁ。

連れ出したところで会話を楽しめる感じもしない。

つーわけで放流です。

他にも候補はいるし焦って妥協することもないかなと判断しました。

あ、そうそう、
出会いカフェ初心者の方に助言ですけど、個室での交渉は遠慮はしないほうがいいですよ。

相手のペースに乗せられて妥協して連れ出しちゃうと、なんだかわからんうちにお金だけ取られて終わり、みたいなことになりかねませんので。

男性部屋へ戻ったが、女性陣ラインナップは変わらず。

どうしよっかな。。

しばらくマジックミラー越しに女の子を凝視してたけど、新規の来店がある見込みもなさそうだし、時間ももったいないので次行ってみることに。

トークルームで営業されるの巻

次、茶髪浅黒ハーフに行ってみます。

「どうも、こんちは!可愛いね。
一緒に出られる人探してるんだけど、今日はどんな感じ?」

「夜から仕事なんで、ちょっとなら。」

(夜職か、プロフィールカードにも書かれてた通りだな。)

「希望とかある?」

「仕事あるんでそれまでの時間で食事とか行ければ。」

「仕事何時から?」

「20時からです」

「食べたいものとかある?居酒屋とか和食か洋食かー」

「どれでもいいんですけど、できれば新宿に移動したいんですよね。池袋だと知り合いに会いそうなんで・・・」

「職場、新宿なの?」

「はい、行きたいお店があって、できればそこに。。」

(あー、、これはヤバいやつだわ。。行きたいお店ってw)

「ちなみにお手当はどのくらい欲しいとかってある?」

「食事なら1時間で5000円ほしいです。」

(みんな判を押したように1時間5000円だなぁw)

「そかそか。ちなみに割り切りとかってどう?」

「あ、そういうのやってないんで。。」

(典型的な茶飯女か。しかもお店の紹介料キャッシュバックしてるっぽいな。。)

「うん、わかった、ありがとう。
ちょっと考えるね。」

「アリガトゴザイマシター」

見た目はちょっとケバいけど話した感じは意外とちゃんとしてそう。
スタイルは良さそうだし、ハーフっぽい丹精な顔立ちもいい。

でも、態度は客を釣りにきてる感満載だし、商売っ気アリアリなんだよなー。

キャバクラ来たと割り切ればなくも無いんだろうけど、飯おごって1時間5000円ってちょっと高くねスか?

と、いつもながら出会いカフェくると思ってしまいます。

というわけで放流です。

残りは、「ロリ服でもBBA」と「ボディコン厚化粧」ですが、これは無いかなぁ。

冷やかしでトークルーム呼んでもいいけど正直メンドイw

それよりもう少しすれば、学校終わりで小遣い稼ぎの学生とか、仕事終わりのOLさんの副業とかが入ってくるかもしれないしちょっと待つかな。

出会いカフェでは過疎らないように、ある程度お店側で女性客?数をコントロールしてますが、平日なら夕方から夜にかけての方が女性数が多くなる率は高いです。

と言っても男性客もそれに応じて増えて来るので、いい物件は早いもの勝ちになりますけどね。

というわけで、男性待機ルームでまったり暇つぶしモードに。

来店したときから居た暇そうな男性陣の中に完全に溶け込んでしまいましたw

待ち時間に出会い系サイトも同時並行で

待ってる間暇なのでいつもの出会い系サイトにもメッセージを入れておきます。

「今日、池袋で会える方探してます。
お礼もできますので、ぜひ気軽に声かけてください」

まあ、ダメ元ってことで。

それにしても池袋の出会いカフェって、以前はもっと外国人が多かったような気がするんですよね。

コロナ前は、女性客もブロンド白人、東南アジア系、黒人とバリエーション豊富だったけど流石にだいぶ少なくなってますね。

若い子も少なくなっていて、男性客も高齢の人の割合が増えたような気もします。

いつか以前のような活気は戻ってくるんでしょうかね。

こころなしか池袋がだんだん上野化している気がしてなりませんw

と、まあ、思うことも色々ありますが、せっかく来たんだし、今日はリサーチの目的なんでマッタリしながら様子を見ることにします。

(暇そうな)店員さんにもちょっと話を聞いてみます。

「いつもこんなもんですか?」

「このくらいの時間帯はそうですねー。夕方になれば女の子も増えるとおもいますよ」

「土日ってどうですか?」

「うちは場所柄、土日と平日の差は少ないですね。
でもやっぱり休日前とかはドっと人増えますよ。
特に連休前の金曜とか。」

「なんとなく女性陣くたびれてないですか?」

「wそんな事ないですよ。男性客が増えてくるのもこれからですし、女性新規のご来店もボチボチありますしね。」

などとスタッフの方ととりとめもない話をしていましたが、

スタッフの話を信じてこのまま待ったらいいか、それとも西口店に河岸を変えるか迷うところです。

グダグダしているとスマホの着信がピコピコ。

「ん?」

どうやら、さっき入れた出会い系サイトのメッセージに反応があったようです。

「池袋いけます。
お礼どのくらいですか?」

お、脈アリっぽいな。
プロフの写真もまあまあ悪くなさそう。

「返事ありがとう!
割り切りだけどいい?」

「条件によります」

お、交渉可能かな。

「写メもらえる?できればプロフと別のやつがいいな。」

「はい。」

ピロリーン(着信)
ん?プロフと同じ画像?

「プロフと別の写メってない?」

「別のやつですけど、、、」

「ん?あーそうね。
よく見たら別の写真だった。
ありがとう」

可愛いし、年齢も若そう。
おそらくプロフィールの学生は嘘でもなさそう。

「後渡し2でどう?」

「はい、大丈夫です。」

「池袋だけどどのくらいで来れそう?」

「どこ行けばいいですか?」

「北口のプロント知ってる?」

「わかります」

「そこの前でどう?」

「はい、」

「何時くらいがいい?」

「じゃあ18:30に行きます」

「おけ、LINE教えてもらっていい?」

「はい、」

「あんがと、追加しました。」

「はい、」

「着いたら連絡してね。」

「わかりました。」

トントン拍子でまとまったな。
やっぱり普段から使い慣れていると話が早いです。

それにしても門前のマジックミラーには相変わらず進展なし。

夜の出会いカフェも少し気になるけど、確実性の高いアポを優先するべくお店を後にしました。

池袋出会いカフェの料金システム比較

池袋の出会いカフェ2店舗の料金システムまとめておきます。

料金体系としては、キラリが1プランなのに対して、モモカフェはワンデイやらモーニングやらいろいろプランがあります。

比較的条件が近い定番プランで比較するとこんな感じです。

キラリ

入会金:2,000円
入場料:2,000円
退室料:2,000円
その他:終日出入り自由&他店舗も利用可

モモカフェ(ワンデイパック)

入会金:無料(キャンペーン)
入場料:5,000円
退出料:0円(1回まで)
その他:終日出入り自由

基本、一度入ったら出入り自由なので、早々にして連れ出してもいいし、良い子が見つかるまで粘ってもいいし、途中退出してまた戻ってもいいしという感じです。

料金としては、お店に5000円〜6000円くらいで、女性には食事5000円か、割り切り1.5万円〜3万円くらいですかね。

まあ、別にそんな安い遊びでもないですね。

****

出会いカフェに商売女が多いのは以前からの話でそれについて今更どうこう言うつもりはありません。

しかし、以前はもう少しオブラートに包んでたというか、自由恋愛という衣をまとった風俗みたいな色彩がいくらかあったんだけど、なんかもうその辺曖昧というか、ぶっちゃけになっている感が強いです。

今回は久しぶりすぎてあまりちゃんとプラン立ててこなかったけど、出会いカフェの攻略には時間帯選びが重要だと改めて感じました。

やっぱり休日前とか夕方とか人が「これから遊ぼう」って時間帯の方が良い相手が見つかる率高くなると思います。

池袋とかの繁華街にある出会いカフェならなおさらそうでしょうね。

それと焦らずに「気長に待つ」みたいなスタンスも必要なのかもしれません。

僕のようなせっかちな人間にはあまり向いてないのかもです。

まあ、出会いカフェで待ちつつも、出会い系サイトにも書き込み入れて両方同時で釣り糸垂らしておくというのも悪くない戦略かもしれないです。

池袋の出会いカフェは場所柄もあって老若男女それなりに人は集まりやすいいです。

でも女性は利用無料なので、「メイクしにきただけ」とか、お「菓子食べに来ただけ」とかっていう人もいたりして、その辺は見極めて相手探すようにした方がいいかもですね。

ちなみに、出会いカフェ体験中に出会い系サイトで釣れた子のスペックは、ショートヘア白パーカー(20/専門学生)でした。

さしたるグダもなく池袋北口の待ち合わせからホテル街のお決まりコースでまったり過ごしてきました。

こちらの件については、また別の機会にでも詳しく報告させてもらいます。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

ハッピーメール(happymail.co.jp)
ワクワクメール

老舗の出会い系サイトはいくつかありますが、ここが一番会えます。
運営がしっかりしてて女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
プロフ検索・閲覧が無料で検索し放題なのもいいです。
ハッピーメールの公式サイトへ

メルパラ(meru-para.com)
メルパラ

ここはよく使ってます。レビューはこちら
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)
Jメール

昔から使っている僕の定番サイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。