業者・援デリ業者ってなに?|出会い系サイトでサクラに騙されない方法

援デリ業者

こんばんは!ユージです。

出会い系サイトのブログや、情報交換用の掲示板とか見ているとよく「業者」っていうワードを目にします。

「このサイトは業者が多いなぁ」

っていうと、なんとなく素人に混じってプロのサクラが多いサイトみたいなイメージですよね。

でも何をもって「業者」っていうんでしょうか。

どっちにしろ援助で金をうけとってればプロもアマも関係なくない?
って気もします。

なんとなく使っている言葉ですが、実際は素人と業者には明確な違いがあります。

そして、業者が敬遠される理由もちゃんとあります。

今回は、この業者・援デリ業者がどういうものか、その被害に合わないようにする方法などを解説して行きたいと思います。

業者・援デリ業者はサクラを使って客を集める

援デリ業者は、出会い系サイトで女性会員を装って客を集めています。

男性とやり取りをして待ち合わせを取り付けます。

このような男性との連絡を取って誘う役目を通称「打ち子」と呼びます。
打ち子は女性を装っていますが、実際は男性です。

つまり、サクラで客を集める方法です。

サイト内では、

「なんかエッチな気分です。今から会えませんか?」

とか、

「彼氏に振られて落ち込んでます。慰めてくれる人いませんか?」

みたいなやり取りをして、男性会員との待ち合わせを取り付けます。

そして、待ち合わせ場所には、デリヘル嬢を向かわせます。

こうした手口で客を取る業者のことを、

援助交際を持ちかけて客をとる実質はデリヘル業者

であることから

援デリ業者

もしくは、更に略して

業者

って呼ぶようになりました。

援デリ業者を利用したときのトラブルは?

このような業者を利用してしまうと、どんな弊害があるのでしょうか。

先程の説明の通り業者は、客とのやり取りを打ち子がして、客と会うのはデリヘル嬢がする、という役割分担で対応してきます。
つまり、やり取りしている人物と、実際に会う人は別人ということになります。

そうなると自ずと事前にしたやり取りと、話が微妙に食い違ってきます。

すっごいラブラブでいい感じに食いついてたと思っても、会ってみたらめちゃ塩対応だったということが起きてしまうわけです。

しかも、さらに良くないことに、写メが別人のものだったりすることもしばしばです。

ひどいのだと、サイト内でスラスラ会話してたのに、会ってみたら日本語片言の外国人だったりということもあります。

業者からしたら、とにかく男性客を現場へ連れて来さえすればOKという考えです。

男客からしたら、もうやる気まんまんで待ち合わせに来ちゃってますしね。
写真と違う女がきても、なかなか本人を目の前にして断りづらいとい心理もありますよね。

それを知っていて業者は、写メを偽装したり、メッセージのやり取りで良いこと言ったりして、あの手この手で客を待ち合わせに向かわせます。

結局、僕らは妥協してホテル別2万を払って大してカワイクもない、新鮮味もない業者女を買うことになるわけです。

それでもヤレれば良いやという考えもあるかもしれません。
風俗だと割り切れば同じことだという考えもあるでしょう。

しかし、業者は所詮、その場限りのお金欲しさでやっているだけですので、サービスもなけば評判もへったくれもありません。

デリ嬢によっては本番無しで胸も触らせず、手で抜いて終わりみたいなこともあるようです。
それに対してお金を返せといったら高圧的な態度を取ってきたり、暴力受けたと警察を呼ばれることもあるようです。

それを考えると、仮にホ別1万だったとしても関わり合いたくない相手です。

被害に合わないためには業者を見分けること

このような業者は、出会い系サイトはもちろん、最新のマッチングアプリ、またはパパ活サイトなどにもいます。

もちろん運営も手をこまいているわけではなく、見つけ次第、積極的に削除や退会の対応を取っています。

しかし、また一般ユーザーを装って再登録し直されてしまえばそれまでです。

イタチごっこはなくならないようです。

では、どうすればこのような手口に引っかからないで済むのでしょうか。

有効と言われる方法は、以下の通り3つあります。

・待ち合わせ場所変更を提案する
・待ち合わせの服装を教えてもらう
・プロフィール画像を確認
・メール履歴を見せてもらって本人確認

一つづつ解説していきましょう。

業者は待ち合わせ場所を代えない

先程、説明したとおり、業者はアポが取れたら、所属の女の子を待ち合わせ場所に向かわせるという仕組みになっています。

なので、待ち合わせ場所は、もともと固定で決まっている場所があって、そこからは動かせないという法則があります。

特に、全国的にホテル街の近くを待ち合わせ場所の指定されることが多いと言われています。

例えば、新宿だったら

西武新宿駅の北口で待ち合わせ

というのが有名です。

出会い系サイトで業者に引っかかった人から、話を聞くとここで待ち合わせをするパターンが多いことがわかりました。

どうやら、その近辺に漫喫とかネットカフェがあって、デリ嬢がそこで待機しているというのと、ラブホ街にも近くてすぐに入れるというのが理由のようです。

ここに限らずですが、待ち合わせ場所を相手から指定してきたら注意しましょう。

怪しいと思ったら、待ち合わせ場所を少し変更を提案してみてください。

西武新宿駅 → 歌舞伎町のドンキ前

とか。

少しの移動でも、渋るようなら業者である確率は高いです。
ご注意ください。

業者は待ち合わせ時の服装を教えてくれない

待ち合わせをするときに、お互い簡単な特徴や服装を伝えることはよくやりますよね。

しかし、それに応じてくれないのも業者の特徴です。

待ち合わせ場所へ派遣されるデリ嬢は、その時空いている嬢を向かわせてるだけなので、服装の特徴などが確認できないのがその理由です。

待ち合わせの前に相手の服装を聞いて置くのも一つの自衛手段になります。

もし、相手が素人の女性だったとしても、待ち合わせの服装を確認するくらいは常識的に問題ありません。

プロフィール画像が拾い物

また、業者の特徴として、プロフィール画像が拾い物ということがあります。

最近は、SNSの普及もあってインターネットで顔写真を晒す人も増えてきています。

そういう画像を勝手に使って出会い系サイトに登録してたり、写メを要求したときに送ってきたりします。

Googleの画像検索を使うと、同じ画像がネット上に無いか検索することができます。

同じ画像があれば、写メ偽装の疑いが高いので注意しましょう。

今までのメール履歴で本人確認

これは、会った後での対処方ですが、待ち合わせに来た女が今までやり取りしていた本人か確認する方法です。

やり方は簡単で、

「一応、メールやり取りの画面で見せてもらってもいい?本人確認したいからさ」

って感じで聞いてみてください。

これで出せなければ、怪しいです。

もちろん、このケースでは既に会ってますからね。
相手が気に入るかどうかはあなた次第ですが、もしナシだなって思ったとき、相手がなんか言ってきても、本人確認が出来なければれっきとした断る理由になりますしね。

「一応、事前にメールでも言ったけど、メール履歴で本人確認できなければナシだから。」

って言えば相手は言い返せないでしょう。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

メルパラ(meru-para.com)

老舗の出会い系サイトは、ハピメ、PCMAXなどいくつかありますが、僕は結局ここをよく使っています。
運営がしっかりしている印象で、女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
とりあえず会うなら「今すぐ遊ぼ 掲示板」とかがおすすめです。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)

僕の定番で、ずっと使っているサイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

ワクワクメール(550909.com)

実は本命。ここもよく使います。
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
ワクワクメールの公式サイトへ