出会い系サイトのサクラの特徴と見分け方

ネットサクラ

こんばんは!ユージです。

今回は、サクラの特徴と見分け方について、解説していきたいと思います。

その前に、まず、サクラと業者(援デリ)は、明確に区別しておく必要があります。
この違いから説明していきたいと思います。

サクラと業者の違いについて

サクラというのは、実際の相手は存在せずメッセージのやり取りをオペレーターが対応しているやつです。

出会い系サイトで、カワイイ女の子の写メが送られてきてウハウハしてても、実際はバイトで雇われたオペレーター(連絡要員)の兄ちゃんがメッセージの送受信をしてます。

そして、本人がいないので実際には会えませんw

これが、サクラですね。

一方、業者というのは、援交デリヘル業者のことで、業者が出会い系で客を捕まえて、待ち合わせ場所にデリヘル嬢を派遣させる者共のことです。

こっちも、同じくカワイイ女の子の写メが送られてきて、期待に胸と股間を膨らませて待ち合わせ場所へ行くと、見知らぬブサイクな女が居たなんてパターンはあるあるですね。

業者(援デリ業者)対策については、こちらで詳しく解説していますここでは詳細は割愛させてもらいます。

関連記事
業者・援デリ業者ってなに?|出会い系サイトでサクラに騙されない方法

サクラの特徴と見分け方

さて、サクラの特徴と見分け方についてですが、

これは、簡単に言ってしまうと「雰囲気でわかりますがな」ってことになってしまいます。

でもコレじゃあまりにも身も蓋も無いのでもう少し解説していきましょう。

僕のように何十人ものサクラとやり取りをしているとハッキリ分かるのですが、サクラとやり取りをすると本物の会員と会話の反応が違ってきます。

これは、サクラの目的を考えればなんとなく分かるかと思います。

サクラの目的は、主に2パターンあります。

・サイト内で有料ポイントを使わせる
・別サイトへ誘導する

一般女性とは、この辺の目的が違うので違和感を感じるのだと思います。

サクラは、男性会員の

「カワイイ女の子と会えて、あわよくばエッチできちゃうかも。」

という心理を餌にして、言葉巧みにお金を使わせるのが目的なわけです。

特徴としては、

・始めっからエロい話に乗ってきたり、むしろ向こうから積極的に下ネタ言ってきたり、
・早く会いましょうみたいな誘ってきたり、
・お金あげますとか意味不明なことを言ってきたり、
・退会するから他のサイトで遊びましょとか言ってきたり、
・妙にレスが早かったり、

とかします。
なんか極端なことを言っていたり、言動がサクラの目的への布線になっていたりしたら注意が必要です。

普通の出会い系サイト使っている人なら知っていると思いますが、そもそも出会い系サイトで女は待ちで居られるんですよ。
なぜかというと、女の方はほっといても男からガンガンアプローチが来るから、連絡してきた人から選べばいいわけです。

少なくとも、女の方から男を誘ったりする必要はありません。

これをやってくる女はサクラか、業者か、あとはパパ活希望の金の亡者くらいですw

とは言え、それでも引っかかってしまうのが男心。

「もしかしたら、本当に本当の女の子かも。」
とか、

「ここでポイント払えば直メで連絡できるし」
とか、

「既にお金払っているしこのままでは辞められない」
とか

っていう考えが捨てきれず深みにハマってしまうんですよね。

まあ、たしかに相手も素性を隠しながらやってくるんで、そうそうしっぽは掴ませないですよね。

でも、実はサクラを見分けるのに、もっといい方法があります。

サクラサイトの特徴を知ればサクラは見分けられる

サクラの目的は先程説明した通り、

・サイト内で有料ポイントを使わせる
・別サイトへ誘導する

ですが、
もっと端的に言えば、サクラはサイトを儲けさせるための存在なわけです。

サイトに雇われて、サイトにお金を使わせようとする人たちなわけですよね。

なので、サクラを見分けるなら、サイトの特徴を見たほうが早い場合があります。

怪しいサイトは利用規約をチェックする

これは、実際にあった事例です。
あるサイトでは、利用規約に以下のような条項がひっそりと書かれていました。

1. 弊社は、本サービスにおいて提供する情報等の正確性、又は特定の目的への適合性は一切責任を負わないものとする。尚、公開されている会員情報に関して、実在の有無、職業、年齢、性別、添付される写真の内容等を保障するものではないことを会員は了承するものとする。

ぱっと流してみると見落としてしまいますが、気になる一文があります。

会員情報に関して、実在の有無(中略)を保証するものではない

というところです。

このように、利用規約に堂々と会員が実在しないと書いてある場合があります。

また、こういうのもあります。

2. 本サービスは任意のニックネーム、プロフィール情報を用いたコミュニケーションの場を提供するサービスであり、出会いそのものを提供するものではないことを会員は了承するものとする。

わかりますでしょうか。

出会いそのものを提供するものではない

と書かれています。

これは、どちらも実在するサイトの利用規約ですよ。
ビックリしません?

普通の出会えるサイトの利用規約とか見てもこんなこと書いているサイトはありません。

なぜ、こんなことを書くかというと、サクラを雇っているサイトはユーザーとの争いになったときに自分たちが不利にならないように、事前に規約にサクラの存在を認めさせる条項を入れておいて、登録するときに同意させるようにしています。

出会い系サイトを使うときにあんまり利用規約を細かく見たりしないですよね。

だからなかなか気づかないんですよね。

でも、例えばサクラとやり取りをしていて、なんか怪しいと感じた時点で規約をもう一度見てみるとかするのはいい方法かと思います。

この辺の詳しい事例を知りたければ以下の記事などもご参照ください。

関連記事
セフコレをバッサリ暴露レビュー
メガコミュは詐欺サクラサイトへの誘導サイトで出会えないサイトです

サラクサイトは別の地域へ登録変更できない!?

出会い系サイトって、出会うのが目的じゃないですか。

だから、当然自分のいる場所から近い相手を探しますよね。

どこの出会い系サイトでも登録時に居住地や都道府県を聞いてきて設定します。

これは、出会えるサイトでもサクラサイトでも同じです。

基本的には、始めに設定した都道府県で使いますが、場合によっては探す地域を替えることってありますよね。
旅先だったり、出張中だったりと。

普通のサイトであれば、変更は可能なはずです。

しかし、サクラサイトは、始めに設定した都道府県を後から変更できなくなっている場合があります。

なぜかというと、サクラ要員のプロフィールが沢山用意出来ないという事情があります。

人工的に用意したサクラのプロフィールや画像にも数に限りがあります。
実際は居ない人のプロフィールを用意しなきゃいけないんだからそりゃ大変ですよね。

つまり、サクラ要員のプロフィールや画像を他の地域でも使いまわして数を節約しているということです。

そのため、一度登録したユーザーに他の地域へ移動されてしまうと都合が悪いわけです。
だって、東京で登録していた子が、福岡にも登録してたってなったら変でしょ。

というわけで、サクラサイトは一度登録したあと、地域変更が出来なくなっていたり、しづらくなって居たりします。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

ハッピーメール(happymail.co.jp)
ワクワクメール

老舗の出会い系サイトはいくつかありますが、ここが一番会えます。
運営がしっかりしてて女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
プロフ検索・閲覧が無料で検索し放題なのもいいです。
ハッピーメールの公式サイトへ

メルパラ(meru-para.com)
メルパラ

ここはよく使ってます。レビューはこちら
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)
Jメール

昔から使っている僕の定番サイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。