パパ活アプリでカワイイ子と出会いたい! | ペイターズとシュガーダディーの評判と比較

ペイターズ&シュガーダディ―

こんばんは、ユージです!

さて、今回はパパ活アプリについて解説していきたいと思います。

今回試したアプリは、ペイターズとシュガーダディです。
パパ活アプリは流行りに便乗していくつか出てきましたが、現在は、ほぼこの2強と言っていいでしょう。

なので使うならこのどちらかということになります。

皆さん、パパ活アプリのイメージってどうですか?

カワイイ子が多い
値段が高い
ご飯だけでHなし
金持ちの遊び
愛人契約

みたない感じでしょうか。

僕も、主戦場は無料の出会い系サイトなので、パパ活アプリについてはざっくりしたイメージしか持っていませんでしたが、今回色々調べてみてわかってきました。

とりあえず、このイメージは概ね間違っていません。

女側からすると、
「余裕のあるおじさんを捕まえて、定期的に安定した収入にしたい。あわよくばセックスなしで。」
というのが本音のところのようですね。

まあ、既存の出会い系サイトでも同じといえば同じですが、そのへんの女の欲望みたいなのがより、露骨に現れているのがパパ活アプリといった感じです。

でも、その代わりカワイイ子とか、若くてそれなりに高学歴の子とかいるのも確かです。

出会い系サイトは、嫌だけどパパ活ならOKみたいな子も少ないないようですね。

要は、テイの良い愛人マッチングサービスってことですが、そこはうまい具合にオブラートに包まれているので、女の子からしてもイメージがそこまで悪くならないんでしょうね。

パパ活アプリの利用料金はいくら?

まずは、パパ活アプリのシステム利用料金から。

基本料金を簡単にいうとこんな感じ。

ペイターズは、月額10,000円
シュガーダディは、月額4,980円

実際には長期利用プランで割安になったり、オプションでプレミアムプランとかあったり、アプリ内で使えるポイントとかがあったりします。

ただ、この基本料金さえ払っておけばとりあえず一通りのことはできるようになります。
定額制なので、メッセージのやり取りやプロフィールの閲覧も何回でもできます。

ペイターズ料金体系(Androidアプリ版)
ペイターズ料金

シュガーダディ料金体系
シュガーダディ―料金

どちらも、定額制には変わりないですが、ペイターズの方が値段が高い分、女性会員の割合が高いようです。

なので、男からしたら、値段が高い分ペイターズの方が相手が見つけやすいという違いはあります。

ちなみにペイターズは、iOS、Androidのアプリがあって、シュガーダディはウェブ版のみです。

基本的な使い方の流れ

基本的な使い方は、どちらのパパ活アプリもそれほど変わりません。

アプリ内で、相手を見繕ってメッセージを送る(もしくは、プロフに希望を書いて募集)。
個別に条件とか交渉して、良ければ会いましょうかって流れです。

初めは、喫茶店とかで話をしてその日はそれで終わります。
そんでよければ次回また待ち合わせて今度はホテルに行くとかって展開になります。

更にそこで話が付けば、今後も定期的にお願いしますってことになります。

中には会ってその日のうちにホテルへって場合もあるようですが、王道の流れっていうか、基本コンセプトに準ずると、初回は顔合わせで、後日交際開始って流れが一般的です。

まあ、出会い系サイトとかマッチングアプリと違って、パパ活アプリには愛人契約っていう裏テーマがあるので、このような流れになってるんでしょうね。

この流れは、あくまで暗にあるものなので公式案内とかに明示されてるんではなくって、なんとなく不文律的にそうやっているってところがあるみたいです。

パパ活アプリは茶飯女が多い

パパ活アプリで、相手を探すときに気をつけておく点があります。

それは、相手がそもそもエッチありかエッチなしなのかということです。

女の子側からすると、パパ活はエッチしないものという考えの子も多いです。
金は欲しいけど、売春はしたくないという思いの現れなんでしょうね。

なので、エッチありで考えているなら、交渉の段階でそもそもふるいかけておく必要があります。

エッチあり、なしをどうやって見分けるかというと、これはどこのパパ活アプリでも一緒ですが、隠語を使うことが一般的です。

「大人な関係」
「大人な付き合い」

のように「大人」を使っている場合は、お金を払ってのエッチありという意味になります。

まあ、つまり平たく言えば円ってことですよね。

よくパパ活アプリは茶飯女が多いって話を聞きますが、それは本当です。

ただし、

お茶とか食事を一緒にするのがゴール
の場合と、

初回はお茶してお互い良ければその先へ
という場合があります。

エッチありでいずれは愛人関係にって場合でも、初めはお茶だけして相手を見極めようっていう奥ゆかしい伝統が守られているわけです、

その辺を見極めるためにも、「大人」ありかなしかを予め確認してから会うようにしておきましょう。

相手に渡すお金(お手当)はいくらくらいが相場?

相場としては、食事で0円〜5,000円、エッチすると3万〜5万円くらいです。

やっぱ高いですね。
食事だけで5kとか。。。

一般の出会い系サイトでエッチありの円で相場、1.5k〜2kくらいですからね。

パパ活に詳しい友達に聞いた話だと、中には芸能活動している子とか、モデルやってる子とかいて、そういう子は食事だけで1万とか、エッチで10万とかあるらしいです。
この辺がパパ活はカワイイ子は多いけど値段が高いって言われるところなんでしょう。

ただ、食事代については色々あって、別にいらないって子もいるみたいです。
その辺は見極めでしょうね。

その後、長く付き合っていく(定期の愛人契約?)前提とかだったら食事代なんて無くていいという気もします。

ほんとに愛人作ろうって思ったら食事奢ってもらった上に金せびってくるような女を愛人にしたいとは思いませんけどね。

ちなみに、ホテル代とか食事代とかの実費は男の負担になりますので、まとめると

・パパ活アプリのシステム利用料
・食事代、お茶代(実費)
・食事代、お茶代(お手当)
・ホテル代
・エンコー代(お手当)

が掛かってきますので、最低でも4〜5万円くらいは掛かると思ったほうがいいかもですね。

パパ活アプリには業者はいる?

出会い系サイトでは、デリヘル業者とか客を釣っていることがありますが、パパ活アプリではどうなんでしょうか。

残念ながらパパ活アプリでも、業者はいます。

僕も、会ってみたら写真と全然違うってことがあったんで問い詰めたら業者でしたw

業者かどうかの見極めのポイントはこんな感じ

・写真がやけにカワイイかったり、上げてる写真の点数が少ない
・会ってその日にエッチOKとか、金額が安くてOKとか
・待ち合わせに具体的な場所を指定してくる(西武新宿北口)とか

このパターンは業者なことが多いのでご注意ください。

風俗嬢とかが、自分で登録してサイドビジネスでパパ活やってるっていうならまだいいんです。

でも、業者の連絡係がパパ活アプリ内で客を捕まえて、全然関係ないデリヘル嬢を待ち合わせ場所へ向かわせるみたいなやり方が横行しているので、これはホント勘弁ですね。

これは、従来型の出会い系サイトでも、最近のマッチングアプリとかでも、パパ活アプリでも結局は一緒。

運営もある程度は対応するんでしょうが、いたちごっこになるので、引っかからないためにもある程度の自衛が必要かと思います。

ペイターズとシュガーダディーの口コミを比較してみる

では、これらのパパ活アプリを使っている人達はどんな評価をしているんでしょうか。
口コミを見てみましょう。

まずは、ペイターズから。

お茶、食事のみっていうのがかなり多いすね
お茶、食事で良かったら、会えます!
金目は必要
タダ飯食って一万要求するやつ多い
私見です7~8割がお茶目的な気がします。
私が今まで会った女性は、交通費を渡そうとしたら
「いえ、せいぜい片道500円ですから。」
と仰って、受け取ってくれない子しかいませんでした。
それでも些少はお渡しするようにしていますが、頑なに受け取らない女性もおられます。
ホテル行ったけど上手すぎて聞いたら地元のソープ嬢の子だった

続いては、シュガーダディ。

ぼったくり茶飯娘だけしかいない
プレミアム結構冷やかし、ヤリ逃げが多いらしく女ウケ悪い、俺はダイヤモンドだけど色んな女の子に会えてるよ
ここ、女は全員夢を追ってるし男はMBAアピールがすごい
幅が広いけど
結局3が一番多いかと
待ち合わせに場所指定してくるパターンは、100パーセント
デリヘル業者です。

基本、どちらも同じような口コミが多いですね。

中でも茶飯女が多いっていう口コミは多いです。
これはもうサービスの性質上しょうがないので覚悟するしかないですね。

それと、業者に関する口コミもチラホラありますね。
風俗嬢とかがサイドビジネスでやっているってパターンもありますが、完全に業者がアプリ内でやり取りしてて、待ち合わせには全然写真と違う女がきたら嫌ですよね。

これは、既存の出会い系サイトとかでも同じですが、パパ活アプリでも業者は一定数いるので一応警戒した方がよさそうですね。

それと、

「女は全員夢を追ってるし男はMBAアピールがすごい」

っていう口コミは面白いですね。
結局は、これがパパ活アプリの利用者属性を表してるって感じがします。

男は金持ちのパトロン
女は夢を追う意識高い系

そんな男女の交差点。
それがパパ活アプリ。

っていう設定を演じて楽しみたいっていう人達には良いのかもかもですね。

まとめ

結論をいいますと、パパ活アプリは、ペイターズにしてもシュガーダディーにしてもちゃんと会うことができます。

ただ、かわいくて、すれてない、純真な子ばっかりかって言えばそうではないです。
そういう子もいるにはいるけど、ほんの一部でかつ、お高くて茶飯っ子である可能性は高いです。

お金はそこそこかかりますが、逆に言えばお金の力にものを言わせれば楽しめるシステムでもあります。

パパ活は「売春」と「夢を応援」っていう本音と建前が入り混じった仕組みっていう側面があって若干面倒くさいところがあるのは否めませんが、その辺を乗り越えれば面白いシステムなのかとも思います。

以上、最新のパパ活アプリのレビューでした!

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

メルパラ(meru-para.com)

老舗の出会い系サイトは、ハピメ、PCMAXなどいくつかありますが、僕は結局ここをよく使っています。
運営がしっかりしている印象で、女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
とりあえず会うなら「今すぐ遊ぼ 掲示板」とかがおすすめです。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)

僕の定番で、ずっと使っているサイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

ワクワクメール(550909.com)

実は本命。ここもよく使います。
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
ワクワクメールの公式サイトへ