外出できなくても出会いたい!オンライン出会いの最新事情を解説

オンライン飲み会

こんばんは!ユージです。

コロナ禍となって久しいですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

もう、コロナ禍の生活にもすっかり慣れて、外出を控えたり、人と会わないことが当たり前になったという方も多いかもしれません。

コロナが収束しても一度変わった生活スタイルはなかなか元にもどらないもので、今後も影響はしばらく続きそうです。

しかし、外出できなくても誰かとつながりたいと思うのが人の性。

外出せずとも出会えるということで、オンラインで人と交流する機会が増えています。

というわけで今回は、コロナ時代にあった、外出しなくても人と出会ったり交流したりできる方法を解説したいとおもいます。

オンライン飲み会募集掲示板

例えば、オンライン飲み会(リモート飲み会)です。

告知掲示板サイトのジモティーでは、日々、オンライン飲み会の募集が賑わいを見せています。

ジモティーオンライン飲み会

男女の出会いの場というよりは和気あいあいと飲んで語らう的なアットホームな物が多いですが、そういう場でこそ、共通点や趣味などがみつかれば一気に親しくなれるもの。

その後オフラインでの出会いにも繋げやすくなります。

また、会議ツールとしてもはや定番になったZoomですが、プライベートの交流でも使われる機会が増えています。

Zoomちゃんねるオンライン飲み会掲示板など、Zoomでの交流をマッチングするサービスも出てきています。

オンライン飲み会を開催して参加者を募集は、Zoomで新規ミーティングを立ち上げて、ZoomのURLを掲示板に貼り付けて募集するというシンプルなものです。

一方、参加したい場合は、募集しているミーティングへ申請するか、掲示板で「誘ってほしい」にチェックを入れて投稿することができます。

zoomちゃんねる

残念なのは、日によって過疎っていたりするので、いつでも盛況というほどではないのと、趣旨が謎の募集とかもあるので初心者にも安心といえるほどではないです。

ちょっと変わっった交流をしたいという人は使ってみてもいいかもです。

マッチングアプリはビデオデート機能をリリース

マッチングアプリ界隈もコロナの影響を受けて進化を遂げています。

Pairesではビデオデートなる機能をリリースしていて、マッチングした相手とビデオを通して会話が可能です。

確かにこれなら会うよりもハードルが低いので、親しくなるきっかけに使えそうですね。

Pairs使ってる人なら、

「ビデオ機能あるからオンライン飲み会しない?
好きな飲み物とお菓子とか用意してさ」

みたいな感じでビデオデートに誘えやすそうですね。

ただし、この機能、誰とでもできるわけではなく「マッチングして3往復以上メッセージ交換している相手」限定。1回目の通話時間は15分までとなっています。

そして、男性会員は有料登録が必要です。

この辺の男性に不平等なシステム。ほんとはあまり好きでは無いんですけどね。。。

婚活もオンライン化

婚活パーティ系もオンラインに対応が進んでいます。

オミカレではオンラインの婚活パーティの開催を検索できます。

オミカレオンライン婚活

自宅に居ながらにして婚活ができるということで、かなり活況なようで、コロナ禍にも関わらず、男性、女性ともに多くの利用者がいます。

オフラインの婚活パーティー同様、ちゃんと一対一のマッチングを運営側でセッティングしてくれて、時間を区切って複数人とトークできるようになっています。

ちゃんと一対一でセッティングしてくれるところがいいですね。
ビデオ通話の複数人のクロストークほど辛いものもはないですからね。

いつでも参加できるわけでなく開催の時間がきまっていて、ウェブサイトから予約をして参加します。

参加料は、

男性2800円
女性1000円
※イベントによります。

という感じです。

枠数に空きがあれば直前の参加も可能です。

この辺もオンラインならではの柔軟さですね。

セッティングもしてくれて、マッチングもしてくれて、しかも連絡先交換も自由なので、独身で真面目な出会いを探している人なら使えるサービスかと思います。

出会い系サイトの音声通話機能が使える

ハッピーメールとかだと、音声通話できる相手を探すことができることをご存知でしょうか。

この機能、実は以前からひっそりあったんですが、コロナをきっかけに脚光を浴びています。

メニューの「おしゃべりをする」から、「音声通話」 OR 「ボイスチャット」を選びます。

音声通話だと、掲示板の募集から相手を選んで話すことができます。検索結果に電話のマークが付いているのが、「電話受付中」の人です。

ハッピーメール音声通話

一方、ボイスチャットは、相手をランダムで選んでくれます。
誰でもいいからとりあえず話したいという場合はこっちの方が楽です。

フリートーク用のコーナーと、セクシートーク用のコーナーがあります。

どちらにしろ、サイトを通じた転送電話でなので、お互い番号を教えなくても会話ができて、見知らぬ相手同士での通話でもハードルが下がります。

ハッピーメール音声通話

もちろん、通話相手の登録地域も指定できるので、いずれオフラインで会うことを前提としている場合でも使えます。

メールでのやり取りでだけだと、なかなか親密度が上がらなかったり、会ってみて全然イメージと違ったとかありますが、音声通話をすれば親密度も高まりますし、相手との人となりとかも確認できます。

コロナ時代にはうってつけのアプローチ方法ではないでしょうか。

***

以上、コロナ禍でも使える出会い事情について解説しました。

「こんな状況下で出会いなんて」って思う人もいるかも知れませんが、出会いたいというニーズは男女ともに普遍的でなくなるものではありません。

向けられる先が少しづつ変わってきているだけです。

最近、出会いが少なくて物足りないという方は、是非、これを機に新しい出会い探しに取り組んでみてはいかがでしょうか。

僕がおすすめする出会えるサイト

世の中いろんなサイトやアプリがありますが、本当に出会えるサイトはありますよ。
当たり前ですが、ちゃんと本物の女性会員がいて、かつ会員数もそれなりに多いサイトを使いましょう。

定番・穴場も含めて、僕も使っていて実績があるサイトをいくつかご紹介します。18歳から利用出来ます。
もし出会い系で失敗した経験がある人は、この辺のサイトを使うことをおすすめします。

ハッピーメール(happymail.co.jp)
ワクワクメール

老舗の出会い系サイトはいくつかありますが、ここが一番会えます。
運営がしっかりしてて女性誌とかでも宣伝されているので新人会員も多いです。
プロフ検索・閲覧が無料で検索し放題なのもいいです。
ハッピーメールの公式サイトへ

メルパラ(meru-para.com)
メルパラ

ここはよく使ってます。レビューはこちら
若い子も多くて、変にスレた子もいないのでやってて楽しいですね。
多分SNS感覚で気軽にできるので、女の子も使いやすいんでしょうね。
メルパラの公式サイトへ

ミントC!Jメール(mintj.com)
Jメール

昔から使っている僕の定番サイト。よく女の子が集まってます。
首都圏だけでなく地方でも相手がちゃんと見つかるところがいいですね。
街なかでよく看板見かけたりするんで、人集めも頑張っていると思います。
ミントC!Jメールの公式サイトへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。